ふるさと納税

【2019年1月更新】どこに申し込んだらいい?人気のふるさと納税サイト比較

更新日:

広告

ふるさと納税サイト比較

色々話題に上った2018年も終わり、2019年はいよいよ総務省の規制が入る見込み。その駆け込み需要で一段と熱を帯びているふるさと納税ですが、ポータルサイトがたくさんありどこが一番いいかわからない、なんて声をよく聞きます。
ここでは各サイトの特徴やメリットを徹底比較します。

ふるさとチョイス

掲載品数No.1のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」。全国の特産品19万品目を紹介しています。とりあえずここに会員登録しておけば間違いないです。とはいえ、選択肢が多すぎて悩んでしまうことも…。こちらは優等生的なポータルサイトで、地域と関係のない家電やギフト券はありません。

ふるさとチョイス

さとふる

こちらも大手ですが、特に特徴がありません。さとふる曰く、「認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト」だそうです。

さとふる

楽天ふるさと納税

以前は楽天ポイントがたくさんついていた楽天ふるさと納税ですが、最近は1%程度と少なめ。とはいえ、ポイントのつかないほかのサイトよりはお得です。

楽天ふるさと納税

ふるなび

こちらは寄付額の1%分がamazonギフトとしてプレゼントされます。さらに他のサイトでは珍しい旅行券やamazonギフト、家電もあり換金性が高い返礼品が好きな方にはピッタリです。

ふるなび

ふるぽ

ポイントでの寄附額No.1のサイト。ポイント制を採用している自治体を多数紹介しています。ポイント制のメリットはあとからじっくり返礼品を選べること。年をまたいでもポイントは維持されることが多いので、年末ぎりぎりでとりあえず寄付する人に向いています。

ふるぽ

ふるさと本舗

ふるさと本舗は2018年にオープンした新しいサイトです。そのため、各種キャンペーンを行っており、なんと2018年12月中なら10,000円以上利用した方を対象に、寄付金額の5%相当分をAmazonギフト券がもらえます。参加方法は「キャンペーンコード」部分に、キャンペーンコード「ama1812fh」を入力ください。肉、米、カニ等、他のサイト経由よりも圧倒的にお得ですね。

ふるさと本舗

まとめ

以上、それぞれ特徴はありますが、還元率の高い旅行券やギフト券ならふるなび、食品ならふるさと本舗、がオススメです。

2019年もまだやってる旅行券の情報は下記も参考にしてください。

【2019年1月末終了決定】2019年ふるさと納税 今すぐ50%還元率旅行券で現金化!

広告

おすすめ記事

1

楽天モバイルにMNPしたのでレビューします。 楽天モバイルって? 楽天モバイルはドコモ、au、ソフトバンクと同じく独自回線を用いた携帯キャリアです。いわゆる格安SIM(MVNO)は携帯キャリアから通信 ...

2

みなさまは増え続けるID,パスワードをどのように管理しているでしょうか。 わたしは、パスワード管理ソフト「ロボフォーム」を利用しています。 パスワード管理ソフトとは インターネットの普及により、銀行や ...

-ふるさと納税

Copyright© アルパカさんのもふもふした生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.